雄大な浜名湖の大自然を五感で体感

湖上遊覧
いつもとは違った浜名湖の景色を楽しむなら、遊覧船がおすすめ。現役漁師が操る漁船に乗れば、すぐそばに海を感じられる迫力のクルーズを満喫。大型遊覧船では湖面が赤く染まるサンセット、夏の花火を間近に感じるナイトクルーズ、冬には野鳥の観察、自転車を乗せて浜名湖を周遊することもできます。頬に爽やかな風を感じながら、湖上からしか見ることのできない優雅なひと時を体験して。

マリンスポーツ
温暖な気候の浜名湖は、1年を通じて様々なマリンスポーツを楽しむことができます。40m〜80mの高さまで上昇し、まるで空中を散歩しているようなパラセーリング、水圧で空を飛ぶ新感覚のジェットスポーツ・フライボード、湖面を走り抜けるバナナボード。他にも、ウィンドサーフィン、ウェイクボード、カヤック、SUPなどと盛りだくさん。波も穏やかなので、初心者も安心して楽しめます。

サイクリング
周囲128kmと汽水湖では日本一の長さを誇る浜名湖。これを1周するように、65kmのサイクリングロードが整備されています。赤い鳥居のある海辺や歴史薫る街並み、みかん畑など、エリアごとに異なる風景が出迎えてくれます。遊覧船を使った移動や、天竜浜名湖鉄道を使った輪行など、楽しみ方も多彩。レンタサイクルターミナルあるので、気軽に始められるのもうれしい。

釣り&たきや漁
海水と淡水が混じり合う汽水湖である浜名湖は、海や川の魚介が数多く生息する釣り好きのメッカ。弁天島駅や今切口周辺には、駐車場やトイレ、バーベキュー施設を完備した海釣り公園があり、初心者や家族連れにもおすすめ。また、春から秋にかけ船の舳先に付けた水中灯を使い、カニや鯛などを突き棒などで獲る伝統漁法「たきや漁」も人気。獲れたての魚介は湖上の筏で天ぷらなどにして堪能。

花めぐり
日照時間が長い浜名湖周辺は、年間を通じて様々な花を栽培しています。特に浜松市は、生産量日本一のガーベラをはじめ、菊やスイートピーなど、日本有数の花の生産地です。舘山寺にある浜松市フラワーパークは、総面積30万㎡もの広大な敷地に、3,000種10万本の花が咲く植物園。春には梅や桜、チューリップを、初夏のアジサイ、秋のコスモスなど、季節ごとの花を鑑賞できます。

農業体験(みかん狩りなど)
自然豊かな奥浜名湖は、温かで日照量が多く、水はけのよい土壌という好条件が重なり、古くからおいしいみかんが収穫できることで知られています。特に三ヶ日みかんは、甘く、全国的にも有名。みかん狩りは10月下旬から12月中旬頃まで楽しむことができます。また、1月から5月にかけて、浜名湖周辺のハウスで栽培されたいちご狩りも人気。自分で収穫して食べるフルーツは格別です。

PAGE TOP